メニュー

学校規約

学院規約はナショナル整体学院の生徒として、有意義な学院生活を送るために定められたものです。
生徒の権利と学院の規約を定めた以下の条項を充分理解し、規則正しい生活を心掛けてください。

理事長 水嶋 章陽(昭彦)【みずしま あきひこ】

1. 受講について

1. 学生証の提示が無い場合、受講できない場合があります。(入学の際は、原則として普段通学する校舎にて入学手続きを行ってください。)
2. 受講の際は必ず白衣を着用してください。

2. 補講チケットについて

1. 受講期間終了後(卒業後を含む)に受講を希望する場合、補講チケットを購入することで受講が可能です。
※補講チケットは1枚3,000円(2時間分)で10枚綴りの単位での販売になります。
2. 補講チケットは全国のナショナル整体学院で使用することが出来ます。
3. 補講チケットの有効期限は発行から3 ヶ月です。

3. 入学時に希望された所属校舎を入学後変更することは、原則として出来ません。

4. 提出された入学願書、入学志望動機に関する論文は如何なる理由があっても返還しません。

5. 入学願書等によって得た生徒の個人情報については、如何なる理由があっても公開せず、各校責任 者の責務に於いて、厳重に管理し、個人情報の流出を防ぐものとします。
(個人情報保護ガイドラインに則って厳重管理致します。)

6. 納入された選考料、学費については、原則として返還しません。

7. コースの中途解約及び休学について

1. 個人的な理由でコースの中途解約をする場合、入学金及び未経過分の授業料は如何なる理由があっても返還しません。
2. 受講期間か3ヶ月以下のコースでは中途解約が出来ません。また、3ヶ月を超えるコースの場合受講期間の1/3以上を経過してからの中途解約は出来ません。
3. 各個人特有の事情(※)により中途解約を希望する場合、双方の話し合いの上、申し出のあった日から起算して、未経過分 の授業料の 70% を上限に料金の返還をすることがあります。(入学金、設備費、教材費は含まれません。) ※特有の事情とは、本人の死亡、遠隔地への転居などの理由で通学が事実上出来ない場合などを言います。
4. 長期にわたる入院または、長期出張、長期海外留学等のやむを得ない理由がある場合にのみ一定期間の休学を認めることがあります。(証明書が必要)休学後に中途解約をする場合は休学期間中の設備費が掛かります。授業料は受講期間のみで計算され、上記(3)に則して未経過分の授業料の返還請求が出来ます。

8. 退学、退学処分について

本学院は、次の事項に当てはまる場合、生徒との受講契約を一方的に解除し、退学または退学処分とすることが出来、未経 過分の授業料等の返還も行いません。場合によっては、損害賠償を請求することがあります。
1. 生徒が犯罪等で法的処分を受けた場合。
2. 学院または、他の生徒に対して、著しく損害を与える行為、中傷等があった場合。 (他の生徒に対するストーカー行為、セクハラ行為も含みます。)
3. 度重なる授業妨害、著しく学院の風紀を乱す行為、または言動がある場合。 4当学院スタッフに対する暴力があった場合。 5その他、学院の規定に反する行為、公序良俗に反する行為があった場合。

9. 校舎ごとに夏休み、正月休み等の休校があります。受講期間がその時期にかかる場合でも、その分の期間延長は出来ません。

10. その他

※ 授業風景や学校行事等のスナップ写真で本校を紹介するパンフレットやホームページ、書籍、新聞等に掲載させていただくことがあります。その際には、ご理解とご協力の程、よろしくお願いします。


学院一覧(国際学園グループ)
学院一覧
ナショナル整体学院【小倉本校】
〒802-0006
福岡県北九州市小倉北区魚町3-4-5 7F
TEL : 093-521-5569
ページトップへ